嫌いな中国出張はきっと好きになる

2016年4月に突如中国出張が決まった20代理系サラリーマン。2017年6月には中国20都市以上を訪問。 嫌いだった中国も今は自分のアナザースカイになりつつある。  内容は中国事情や旅行、出張関連、スポーツ、etc.

出張者必見!中国はLINE使えないからwe chat (微信) を用意すべし

f:id:OKUSURI:20170904124608p:plain

中国出張が決まったら最も注意すべきことの一つに、LINEが繋がらないことが挙げられます。Wifiは繋がっているのにLINEが繋がらないんですよ?理由は中国政府がLINEを規制しているためです。怖い国ですね(笑)

 

正直自分が初めて中国に出張した時はLINEが繋がらずとても焦ったことを覚えています。

 

「ん?通信不良かな。まあ時間が経てば送受信できるっしょ」みたいな

 

けど、いくら待てどLINEは一向に繋がらないという。。。

 

初めての海外出張、さらに中国という安心できない国なので、家族と出来るだけ連絡を取りたかったのですが、LINEでは一切連絡が取れませんでした。(ちなみにGoogleも繋がらないのでGmailも使えません。)

 

中国へ出張する方は残念ながら100 %この事態に陥ります(笑)

 

もし中国でLINEのような連絡手段を確保したかったら、対策は大きく分けて以下の2つです

  1. VPNを利用してLINEを使う:会社のWifiルーター、あるいはソフトやアプリを使えばLINEが開通します。自分は会社から支給されたWifiでLINEを使っています。若干上級者向けで、理屈は自分もよく分かっていません。
  2. LINEの代替アプリを使用する:中国のLINEに似たアプリであるWe Chat(微信)を使用する。中国人のほとんどが使っていて、日本人も当然中国で使えます。あ、ちなみにYahooメールは使用可能です。

本記事では2番目のWe chat(微信)というアプリについて説明するとともに、中国に出張するなら「We chat(微信)を用意したほうがいいよ!」の理由をご紹介します。

We chatを用意することで色々な面で出張がかなり楽になると思います!

 

LINEが繋がらないとかなり不便

f:id:OKUSURI:20170908011733p:plain

今や日本人の主な連絡手段であるLINEが繋がらいのはとても不便です。特に出張中だと家族への連絡、もしかしたら同僚や上司との連絡として使うこともありえます。

普段自分たちがインフラとして使っているアプリが全く使えないとなると、その不便さは想像以上です。出張中に他人と連絡が取れない状況はリスクの観点からもなるべく避けなければいけません。

なので、この状況をなるべく回避するためにも中国アプリのWe chatをインストールすることを強くおススメします。

なお、LINEだけでなくTwitterやFacebook、Google系のアプリは全て使えないので注意しましょう。詳しくはこちらの記事を参考にどうぞ。

www.xn--w8j321gotcvugqqd7tl.com

 

We chat(微信)とは

We chat(微信)は中国読みでウェイシンと呼ばれるメッセンジャーアプリです。

全世界で11億人のユーザーがいると言われている中国の超人気アプリです。日本では中国版LINEと言われることもありますが、世界的な知名度はWe chat(微信)の方が完全に上です。中国国内での使用率はほぼ100%近くであり、中国人にも完全に浸透しています。

ちなみに中国国外ではイメージキャラクターにサッカー選手であるメッシが起用され、南米、ヨーロッパ、アフリカ、アジア地域の15カ国でTVCMが放映されたそうです。

 

もちろんAndroidやiOSでインストールが可能なので、日本人もすぐに入手することができます。

f:id:OKUSURI:20170907002417p:plain

We chatの主な機能

LINEのようにチャット形式で相手と連絡を取ることができ、可愛いスタンプも搭載しています。それらのコミュニケーション機能に加えて、We chat payと呼ばれる決済機能が非常に便利で、買い物や公共料金の支払い、友達への送金など、中国人の日常生活に欠かせない存在となっています。

2015年7月より日本でも導入され、ローソンや百貨店などではWe chatによる決済が可能となりました。(ただし、日本のWe chatだと決済機能が使えません。あくまで中国人用です)

中国出張でWe chat を用意すべき3つの理由

スポンサーリンク

 

断言します。中国に出張するなら用意したほうが絶対に良いです。後述しますが仕事もやりやすくなります。

中国ではLINEは繋がらないけどWe chat(微信)だと繋がる

単純に連絡手段の確保として有用です。中国ではLINEは無力ですので確実に使用できるWe chatを使いましょう。ホテルやカフェ、空港にはWifiが完備されているのでWe chatがあれば連絡が格段と取りやすくなります。

リスクの観点からも連絡手段は多いに越したことはありません。仕事や遊びに集中できるように少しでも安心できる体制を整えましょう。

中国人はほぼ100 % We chatを使っている。さらに連絡先をすぐに交換してくれる

会話をするいいキッカケになりますし、中国人との距離を一気に縮めることができます。まさか日本人がアカウントを持っていると思わないので

 

「え!?何でWe chat持ってるの?なんで?」

 

と喰い気味に質問してくれます。

さらに主観ですが中国人は連絡先の交換にあまり抵抗がなく、すぐに連絡先を交換してくれるような気がします。名刺交換せずにWe chatの連絡先だけを交換したこともありますし。

 

この方法を使えば可愛い女の子と連絡先を交換することも難しくないです。自分もこの手はよく使っています。出張先で仕事だけだと味気ないので現地の方と話題を増やしたかったり、連絡先を増やすことで出張は格段に面白くなります。

まさにコミュニケーションツール!!ぜひインストールしましょう。

 

(最重要)中国人は仕事でも普通にWe chatを使う

ほとんどの中国人が使っているアプリです。当然、出張先のお客さんや取引先、先生、現地社員など仕事で関わる中国人は全てWe chatを使っています。

 

そして面白いことに、中国は日本と比べて仕事でメッセンジャーアプリを多用します。もう圧倒的に仕事でも利用しています。彼ら仕事中も携帯ばかり触っていますからね(笑)

 

Eメールよりも早いし、手軽だし、効率的、利便性を重視する中国人の国民性に合っているのか仕事でも必要不可欠になってきています。

自分も重要な案件はメールでやり取りしていますが、簡単なアポイントやメールを使うほどでもない内容だとWe chatで連絡します。彼らもそっちの方が慣れているので自然と仕事もスムーズになるのです。

本当に便利になりますし、仕事が捗ります。上記で挙げたようにほとんどの方が抵抗なく連絡先を教えてくれました。

仕事で使うことのメリットはこんな感じ:

  • 連絡のやり取りがスムーズになり仕事が円滑になる
  • カジュアルなやり取りもできるので相手との信頼関係も構築できる
  • メールだと返ってこない時もWe chatなら一瞬で返信を貰える
  • 相手にとってもWe chatを使えることはストレスフリーなので喜んでもらえる
  • 出張中の急なトラブル(電車遅延や渋滞)でも相手にすぐ伝えることができる

 素晴らしいですね。自分のためにも相手のためにもWe chatは用意すべきだと思います。

一応、We chatのリスクも、、

We chatのメッセージ内容はほとんど当局に監視されていると言われています。まあ、この監視はWe chatに限らずなんですが。

なので仕事の重要機密はもちろん、中国政治や共産党の悪口は書かないようにしましょう(笑)

何事も自己責任なので怖いと思った方は使用は控えて下さい^^; 自分はヘビーユーザーってわけでもないのであまり気にしていません。

 

まとめ

中国に出張が決まったら事前にWe chatをインストールしましょう。日本でも準備は可能です。普段使っているLINEが繋がらないと本当に焦りますからね!

We chatを中国で使えるメリットはもう一度まとめると以下です。

  1. 連絡手段が確保できるのでリスクヘッジになる
  2. コミュニケーションツールとして中国人と仲良くなれる
  3. 仕事でも使えるので仕事がやりやすくなる

ぜひ、We chatを用意して快適な出張にしてください!!

 

※補足

ちなみにWe chatではFacebookのように自分の近況を公開することもできます。そのやり方について記事にしているので興味がある方はぜひ参考にどうぞ。

www.xn--w8j321gotcvugqqd7tl.com

 

 

www.xn--w8j321gotcvugqqd7tl.com