嫌いな中国出張はきっと好きになる

2016年4月に突如中国出張が決まった20代理系サラリーマン。2017年6月には中国20都市以上を訪問。 嫌いだった中国も今は自分のアナザースカイになりつつある。  内容は中国事情や旅行、出張関連、スポーツ、etc.

上海の有名店「小楊生煎」という焼小龍包が衝撃的に美味かった

上海で食べるべきグルメと言えば?上海蟹?正解だと思います。けど、”貧乏”&”蟹がそんなに好きでない自分”は上海蟹を食べたこともなりし食べたいとも思わないです。そんな自分にとって上海と言えば、小龍包です!!美味しいですよねぇ、、、

 本記事では美味しかった小籠包を紹介しますので上海に訪問した際はぜひ行ってみて下さい!
f:id:OKUSURI:20161217040817j:image

焼小籠包で有名な「小楊生煎」

中国人の友人に勧められて、上海の「小楊生煎」に行ってきました。現在、日本でも展開している老舗の「南翔饅頭店」と同じくらい人気のお店らしいです。そんなお店の小龍包は上写真のような焼き小龍包なんです!!

B級ぽくていいですね!でもこれがめちゃ美味しいんです!!

日本にはまだ進出していないようですが、日本人にも親しみやすい味と食感ですので、お薦めです。値段は一番高いオーダーで6個18元(約340円)です。

「小楊生煎」の場所をご紹介

上海に何店舗かありますが、自分はホテルから近い南京西路(ナンキンスーロー)店に行きました。駅から近いですし、上海で最も栄えている街の一つなので分かりやすいです。

f:id:OKUSURI:20161217032855p:plain

地図でも分かるように南京西路の南に位置していて、モールの2階に入っています。


f:id:OKUSURI:20161217040824j:image
 

いかにもB級ぽくて入りやすい雰囲気です。チェーン店のためか清潔感があり、店員さんもキビキビ働いていて雰囲気はよいです。ファーストフードって感じですね。そして、挨拶程度なら日本語喋ってきてくれます。嬉しい。

焼小籠包を食べてみた感想

大きさはピンポン玉より大きい三口分くらいのサイズ。いきなりカジると例の如く、肉汁ブッシャーになるので気をつけましょう。ぼくは先輩に思いっきり飛ばしました。食感はカリカリしていて癖になります。ちなみに味は豚肉(スタンダード)、野菜、海老の3種類です。海老美味しかったなあ。。。

「中国ではこんな小龍包は邪道ではないのか?」と気になったのですが、Wikiで調べてみると焼小籠包の歴史は長いようです。

他にも似たようなお店が中国国内にあるんですね。日本ではなかなか食べられないので次回上海へ行くとき自分はまた寄りたいと思います。

 

まとめ 

Trip Advisorでも評価は高いので参考にどうぞ。上海で何かご飯を食べたいときはぜひ行ってみて下さい!他に上海で美味しいB級グルメを知っている方がいましたらぜひコメント下さい。

訪れた際は同じモールに「南翔饅頭店」といった超有名なお店もあるのでぜひお立ち寄り下さい!

 

www.xn--w8j321gotcvugqqd7tl.com

www.xn--w8j321gotcvugqqd7tl.com

www.xn--w8j321gotcvugqqd7tl.com