嫌いな中国出張はきっと好きになる

2016年4月に突如中国出張が決まった20代理系サラリーマン。2017年6月には中国20都市以上を訪問。 嫌いだった中国も今は自分のアナザースカイになりつつある。  内容は中国事情や旅行、出張関連、スポーツ、etc.

中国でザリガニを一生分くらい食べ(させられ)た話

以前、武漢(ぶかん)のホテル記事を公開しました。今回は武漢のグルメご紹介です。武漢に行く人は必見です!!

china-happytravel.hatenablog.jp

自分はこの都市が結構好きでして、その理由の一つが料理です。武漢の料理はけっこう美味しくて、成都や重慶とかと比べて辛すぎることもないです。また、長江が近いためか海鮮料理も充実しています。(けっこう汚い川だが、、)

この料理の中で、最もショッキングというか面白かったのが、ザリガニです。日本人には食べる習慣がまるでない、どっちかっていうと汚い印象があるドブガニザリガニです。武漢はザリガニが有名で、武漢といえばザリガニ!!ってくらい、どこのレストランでも食べることができます。

実際、Google画像で「武漢 ザリガニ」と調べると、、

f:id:OKUSURI:20170116233430p:plain

出るわ、出るわ、ザリガニ祭りも程があります。

 

 

自分がザリガニを食べるまで

さて、自分は別にザリガニが食べたかったわけでも、武漢でザリガニが有名だと知っていたわけではありません。現地の人(お客さん)に完全にハメられました。どうゆうことか?

 

お客さん「さて、そろそろお昼にしようか。何か食べたいものある?」

 

自分「いつも通り、君のお勧めでよろしく!それか武漢の伝統料理がいいわ!」

 

お客さん「OK!それならお勧めがある!!武漢はシュリンプが有名なんよ!!」

 

自分「おおー!シュリンプか!!おれの大好物だ!!ぜひ食べさせてくれ!」

 

 

こんな感じです。賢明な方はお気づきでしょうが、自分が描いていたシュリンプは当然、海老です。そらそうでしょう。シュリンプは直訳したら海老やもん。しかし、彼が指すシュリンプはなんとザリガニだったんです。もしかしたら、武漢ではシュリンプ=ザリガニと教育されているのかもしれません。

 

当然、胸を躍らせてシュリンプを待つと、、、こうなります。

 

お客さん「さあ、シュリンプだよ!とっても美味しいよ!」

 

自分「。。。ん?これザリガニやんけ。。。ん?は?いや、何やったらグロい。」

 

お客さん「ニコニコ(*'▽')」

 

自分「本気なんやな。ザリガニを食べろってことなんや。。。くー、、いただきます!」

 

こんな感じです。ザリガニを英語で言えなかったので会話は広がりませんでしたが、ショックを隠し切れぬまま食べました。

 

味の感想

あ、めっちゃ美味いっす笑

 

考えてみたら意外でもないんすけど、かなり海老に近いです。味はスパイシーからガーリックまで、けっこう味付けがありました。全部美味かったです。

食べ方はビニール手袋を装着してひたすらザリガニの皮を剥いて身を食べまくるという原始的な方法です。この際、皮が固く手が痛くなります。

f:id:OKUSURI:20170116235739p:plain

何十匹いたザリガニさんもあっという間に無くなりました!以降、武漢に訪問する度に進んでザリガニ食べています笑

てか、もはやザリガニが安牌のように思ってます。絶対百匹弱は既に食べてる気がします。

 

まとめ 

最初はハメられたと思いましたが、食べてみると思いのほかハマってしまいました。聞くところによると実は高級食材とかなんとか。少し疑いの目を持っていますが、そう言うならそうなんでしょう。

 

ちなみに飲み物ははお決まりの王老古と、似たようなお茶を飲みました。

f:id:OKUSURI:20170116235904p:plain

 

みなさんも武漢にお立ち寄りの際はぜひ、ザリガニ食べてみてください!でも行くならちゃんとした店にしましょう!お腹壊すかもしれないんで!

 

ザリガニ食べたことある方はぜひコメント下さい!

 

china-happytravel.hatenablog.jp

 

www.xn--w8j321gotcvugqqd7tl.com