嫌いな中国出張はきっと好きになる

2016年4月に突如中国出張が決まった20代理系サラリーマン。2017年6月には中国20都市以上を訪問。 嫌いだった中国も今は自分のアナザースカイになりつつある。  内容は中国事情や旅行、出張関連、スポーツ、etc.

中国へ出張する人は誰でも知っているワンダホテルに泊まろう

旅行や出張先でのホテルは重要ですよね。特に出張は仕事のパフォーマンスを保つために悪い部屋に泊まるのは避けたいところです。

中国にはIHGやハイアット、SPGなどの外資ホテルが多く見られますが地域によっては見つけられないことも当然あります(個人的感覚では中国にはIHGホテルが多めです)

 

そんな時は!中国最大規模のコングロマリッドである大連万達グループ、通称ワンダグループのワンダホテルを使いましょう。中国のあらゆる都市に展開しており、とてもキレイで使いやすい、コストパフォーマンスの高い本当におススメのホテルです!

大連万達グループとは

過去記事にてワンダプラザ(万達広場)というショッピングモールを紹介しましたが、ワンダグループはショッピングモールや映画館、高級ホテルなどを手掛ける複合企業です。

www.xn--w8j321gotcvugqqd7tl.com

創設者の王健林は中国一の富豪にもなったことがあり、中国ではとても有名で巨大なグループです。

ワンダホテルについて

概要

そんなワンダグループが展開している高級ホテルがWanda hotels(ワンダホテル)です。HPは以下にて。

http://www.wandahotels.com/en/

中国国内に約59個のホテルに有し、海外にもロンドン、シドニー、ロサンゼルス、シカゴ、ゴールドコーストなどの有名観光地にも展開しています。17年6月30日にリゾートホテルを新しく建てるなど勢いにのっているホテルです。

ホテルの種類

ワンダホテルはクラスや価格によって以下の4ブランドに分けているようです。恐らく上から順にクラスが高くなっており、自分は2つ目のワンダビスタしか利用したことがないです。

  • Wanda Reign:ワンダホテルの中で最も高級なクラス。上海、武漢、成都の3都市のみにあり、価格は約1500元(25,500円)。自分はまだ宿泊したことがない。
  • Wanda Vista:過去に2回利用したことがある非常におススメなホテル。IHGだとクラウンプラザ、ハイアットだとリージェンシーといったクラスに位置するホテルですが、価格帯は約600~750元(12,000円くらい)と他の外資メーカーよりも安く泊まれることができます。
  • Wanda Realm:3番目に高級らしいがRealmniに泊まったことがないので詳細は分かりません。HPの写真や設備を見る限りVistaと遜色ない気がしますが、もしかしたらターゲット層が違うのかもしれない。
  • Wanda Jin:このブランドは17/7/1に初めて丹寨市にオープンするらしい。コンセプトはお客さんに沿ったフレキシブルなサービスを提供できると書いてあるがよく分からないっす。

自分が泊まったホテルは山西省太原(Taiyuan)

先日、麺と白酒で有名な太原市に訪問しました。その際にWanda Vista Taiyuanに宿泊しました。Trip Advisorでは太原市で3番目の人気となっている5つ星ホテルです。

ワンダ ヴィスタ太原 (Taiyuan Wanda Vista Hotel) -中国-【 2017年の料金比較・口コミ・宿泊予約 】- トリップアドバイザー

f:id:OKUSURI:20170701214845p:plain

部屋はこんな感じで、高級感と清潔感があり広さも十分だった。正直外資のホテルと比べても全然劣ってないと感じた。

 

朝食はブッフェ式で充分満足できたが特に感想はない。ちなみに自分は利用しなかったが、このホテルには日本食のレストランが入っておりテンプラやラーメンが食べられるらしい。

f:id:OKUSURI:20170701215209p:plain

まとめ

万達グループこと、ワンダ(Wanda)グループの有するホテルは流石といった感じの素晴らしいホテルでした。自分が泊まった太原も評価通りの素晴らしいホテルで部屋や食事も文句なしでした。このホテルで自分の時は650元だったので相当にお得なホテルだと思います。自分が泊まったもう一つのWanda Vista Nanning(南寧:なんねい)も素晴らしいホテルでした(南寧と太原のワンダビスタは造りやデザインがほぼ一緒でした笑)

出張や旅行をお得にしたいけど、いいホテルに泊まりたいという方はぜひ一度試してみて下さい!公式HPは英語対応しているので直接予約することも難しくないです!