嫌いな中国出張はきっと好きになる

2016年4月に突如中国出張が決まった20代理系サラリーマン。2017年6月には中国20都市以上を訪問。 嫌いだった中国も今は自分のアナザースカイになりつつある。  内容は中国事情や旅行、出張関連、スポーツ、etc.

中国の仕事している人あるある、年末年始とか祝日について

最近、ブログに関する記事を書いていました。年末年始でゆっくりしていたことをきっかけに、年末年始を含めた祝日について中国関連お仕事のあるあるをシェアしたいと思います。これから中国の仕事に就く人は、もしかしたらこの”あるある”を知っておいたら勉強になるかもしれません(笑)

結論から言うと、、、、有給使う機会増えないすか?

有給休暇が増える?

もしそうじゃないとしたら、書いている自分が恥ずかしい限りです。。。こんなん全然あるあるじゃなーよって思った方は、コメント下さい。要は日本の祝日も中国の祝日もお休みとるよね、みたいな感じ。

ちなみに2017年の中国の祝日はこんな感じ

f:id:OKUSURI:20170101224255j:plain

上の写真を見ると分かるんですが中国の祝日ってけっこう連休多いんすよね。デカイのだけでも、春節、国慶節、中秋節とあります(下図参照)。1年間、通した感想で言うと2016年も連休ばかりだった気がします。

f:id:OKUSURI:20170101225337j:plain

すると、どんなことが起こるか?

そう、日本の祝日と中国の祝日のハイブリッドです!

つまり、日本の連休は当然休む+中国の連休中も仕事すること大してないから必然的にちょっと休む

→結果、、けっこう休む

この事実は意外とあるあるじゃないでしょうか!?いや、どうでしょう?自分だけではないと信じたい。きっとあるあるですよね。

実際、国慶節とか大きな連休だと中国人と連絡つかないですからね。もし、中国の方とだけ仕事をする場合、中国祝日の時期はけっこう暇です。

まあ、そうなると有給休暇をね、多少はとりますよね。みなさんはどんな感じなんでしょうか。

 最後に自分の場合

自分はかなり有給取りました(笑)国内の仕事から異動して分かったんですけど、基本仕事がメール中心になることもあってかオフィスにいる必要性があまりないんですよね。重要な会議があるときだけ会社にいればいいので、上司や同僚に相談がない場合は会社にいる意味がないので休むハードルがかなり下がりました。

その状況に加えての中国の祝日なので、繰り返しますが休む回数が増えました。ただし、GWや年末年始、シルバーウィークは家にパソコン持って帰って仕事するようになりました。それでも休む回数は増えた気がしますが、、、

 

記事を読まれた方で何かコメントあればお願いします。

今回画像として使用させて頂いた画像はこちらのURLから閲覧出来ます。いつも参考になります!

中国の祝日・休日カレンダー 2017年

china-happytravel.hatenablog.jp