嫌いな中国出張はきっと好きになる

2016年4月に突如中国出張が決まった20代理系サラリーマン。2017年6月には中国20都市以上を訪問。 嫌いだった中国も今は自分のアナザースカイになりつつある。  内容は中国事情や旅行、出張関連、スポーツ、etc.

北京首都国際空港の国内線ラウンジが意外と快適だった

出張者や旅行者にとってリラックスができるラウンジはとても重要です。特に出張者によっては死活問題ですね。特に特に中国国内線は高確率で出発の遅延が起きるので、休憩できるラウンジのメリットは大きいです。今回、中国国内線のラウンジを初めて使ったてかなり有用だったのでご紹介です。

中国国内線のラウンジは使う機会があまりない

自分は中国の国内線ラウンジを使ったことが一度もありませんでした。理由は単純、国内線の大半がスカイチーム加盟で、自分はスカイチームのラウンジ資格を有していないんすよね。スカイチームはデルタ空港やエール空港・中国東方空港などが有名ですが、日本には運航会社がなくマイレージカードを作る人はほとんどいないので、中国国内線移動ではラウンジを使える可能性がどうしても低くなってしまいます。

しかし、今回はスターアライアンス加盟の中国国際航空を利用したのでラウンジを使えました。自分にとってこれが初の国内線ラウンジでした(同空港の国際線ラウンジは使ったことあります)

f:id:OKUSURI:20161214020615j:plain

北京空港の国際ラウンジ同様、屋根がなく開放感のあるラウンジです。座席数はそこまで多くない印象。

 

日本国内線ラウンジとの比較

日本の国内線だと基本的にご飯がなくて、少し味気ない印象ですが中国の場合はどうなのか?覗いてみると、、、おつまみとドリンクが中心。。。日本と一緒ですね。

と思いきや、カップ麺がけっこうありました!!これはありがたい!しかも種類がけっこうありました。中国のカップ麺はけっこうイケますよ。少し辛いのもありますが、日本とそんなに差はないです。


f:id:OKUSURI:20161214084634j:image

まとめ

自分の中ではおつまみやドリンクに加えて、カップ麺があることは非常にポイント高かったです。日本国内線だとおかきくらいしか置いてないですからねえ。日本の国内線ラウンジにカップヌードルとかどん兵衛おけばラウンジ満足度も上がると思うのに。ただ、ラウンジ内のインテリアやデザインは日本の方がかっこいいし高級感があると思いました。

 

下の記事でも触れましたが、やはり中国人は食べることが好きなんでしょうか。だから、国内線でもご飯が補充されるのかなと。

中国国内線のラウンジに関して

china-happytravel.hatenablog.jp

おまけで機内食もご紹介

ちなみに国内線機内食は軽食でした。よく見る牛肉が入ったパンみたいなものです。ラウンジは出張者にとってオアシス的な存在なので、これからも報告したいと思います。記事を読んだ方でここのラウンジは良かった!などあればぜコメント下さい。

f:id:OKUSURI:20161214022252j:plain