嫌いな中国出張はきっと好きになる

2016年4月から中国に飛んでいる20代理系サラリーマン。1年で中国20都市以上を訪問、18年には北京留学。嫌いな中国が徐々に好きになる

北京語言大学に留学して良かった点・残念な点

2018年に約半年間、北京語言大学に語学留学していました。
当時、留学先の大学を選ぶときにネット上に参考情報がほとんどなく情報収集にとても困りました。

本記事では北京語言大学を選んだ経緯や北京語言大学に関してまとめました

北京語言大学については以下の記事でも書きましたが、今回はもう少しザックリと留学の感想として作成しました

www.xn--w8j321gotcvugqqd7tl.com

f:id:OKUSURI:20190311233846p:plain


留学先の都市を上海か北京で悩んで末北京にした理由

私は会社の制度を使って留学したのですが、最初に上海か北京かの都市を選ぶ必要
がありました。

悩んだ挙句北京を選んだのですがその理由は以下4点;

  1.  北京の方が標準後に近い中国を学べる
  2.  勉強や生活を通して中国の歴史や文化を学べる(上海には歴史的なエリアが少ない)
  3.  北京には中国語留学の実績が豊富な北京語言大学がある
  4.  北京に会社の事務所があるので会社からサポートを受けやすく今後仕事をする上でも人脈を築ける(社会人にとってはかなり重要)

北京語言大学は外国人留学生に中国語や中華文化の教育に取り組んでおり、中国で最も
実績のある国際大学です。


180国から1万人の学生が在籍しており、国際色豊かな生活を送ることが出来ます。

また、学内には“日本語専攻”の中国人学生や“外国人に中国語を教える”専攻の中国
人学生も多く在籍しているので、彼らと付き合うことで授業以外でも中国語を学べます。


留学してよかった点は語学に特化した大学の環境

あなたがどこの大学に留学するか悩んでいたら自分は北京語言大学を強くお勧めします

他大学(清華大学や中央民族大学など)に留学していた学生いわく、北京語言大学の授業の質は他大学と比べて高く効果的に勉強できるとのこと。

自分が感じた本大学を選定するメリットは以下

  1.  留学実績が豊富であり授業の質が高く、他大学よりも基礎から教えてくれる
  2.  学内に日本語専攻の中国人学生が多いので、彼らと一緒に言語学習ができる
  3.  大学には多くの日本人企業派遣生がいるので彼らと情報交換・切磋琢磨しながら勉強できる。
  4.  北京大学や清華大学の有名大学は留学生よりも寮が空いている
  5. 街の中心から外れているので遊びの誘惑が少ない。学内の閉ざされた空間で半ば強制的に勉強できる。
  6. 文化体験などの課外授業も充実しており、授業を通して中国の歴史に触れることができる

良い点を上述しましたが大学の授業は自分のレベルが合わないと授業についていけず、時間を無駄にするので注意が必要です。

例えば初心者はマンツーマン授業ができる語学学校などに通うことが望ましいです

www.xn--w8j321gotcvugqqd7tl.com


残念な点は総合大学ではないので語学専攻以外の学生がいない

これは外国語大学のメリットと表裏一体なのですが、総合大学ではないので他専攻の人と交流できないのは少し残念でした


清華大学や北京大学に行けばあらゆる分野に精通した優秀な学生も多く、語学留学以外の留学生や優秀な本科生と交流できそうな気がします。

研究開発に莫大投資をしている中国の大学の研究室がどんな雰囲気か体験してみたかったです

 

まとめ

北京語言大学おすすめです。

もしご不明点や疑問点あれば気軽にコメントやご連絡ください。

自分の応えられる範囲で何でもお答えします!