嫌いな中国出張はきっと好きになる

2016年4月に突如中国出張が決まった20代理系サラリーマン。2017年6月には中国20都市以上を訪問。 嫌いだった中国も今は自分のアナザースカイになりつつある。  内容は中国事情や旅行、出張関連、スポーツ、etc.

【ユナイテッド航空の弱点】マイル交換航空券の利便性について

昨日、ユナイテッド航空(UA)のマイレージプログラムであるマイレージプラスの記事を書きました。

www.xn--w8j321gotcvugqqd7tl.com

上記事の内容はUAのマイル交換を使えば、お得に国内旅行ができるよ!おススメだよ!といった記事です。

しかし、マイレージプラスにも弱点はあります。そう世の中上手くできていないのです。そこで今回はその弱点について紹介していきます。

このプラグラムは旅行者の選択肢を間違いなく広げることができますが、やはり長所・短所をしっかり認識した上で選択頂きたいと思います!

 

マイルで交換した特典航空券の変更手数料が狂ったように高い

いやー、正直これめっちゃキツイです笑

マイレージプラスは2016/10月にルールが改悪されて日付変更線やキャンセル時に変更手数料がかかるようになりました。表にするとこんな感じ(ほとんどの方が一般会員のはず)

f:id:OKUSURI:20170226020223p:plain

75ドルなんて今のレートで言えば8,000円以上かかりますので、発券したらもう後には引けません。

つまり、スケジュールの変更にも対応できない柔軟性に欠けることが弱点です。

早めに特典航空券を予約しないと手数料がかかる

マイレージプラスのお得ポイントとは羽田から沖縄を除いた国内どこでも5,000マイルで行けるといった特典航空券の必要マイル数の低さです。

しかし、出発21日以内前だと5,000マイル+75ドルの手数料がかかります。実際、2週後(3/7)の羽田ー伊丹は8,549円の手数料が必要になってきます。

f:id:OKUSURI:20170226021758p:plain

このことから、思いついた時にお手軽に使えるマイルではないです。

座席指定とチェックインが面倒くさい

ネットで簡単に予約できる本プログラムの特典航空券ですが、予約してからも弱点はあります。

なんと、座席指定が現状ネットからは不可です。ANA便を予約するためか、予約番号が発行されてもANAのホームページからでは座席指定ができません。座席を指定したい場合は、ANA予約センター(電話:0570029333)に「予約時に記載されている予約番号」を伝えれば座席の指定が可能です。けど電話面倒くさいよね。。。

さらにチェックインが有人窓口でしか出来ません。これまた面倒くさい!!

ルールの改定(改悪や改善)が頻繁に起こるので安心できない

かーなり怖いです。自分はこれまで挙げた「弱点」と「メリット(前回記事)」を勘案してマイレージプラスを選択していますが、ルールが改悪したら再検討します。特に特典航空券のマイル数変更とかは一番怖いですね。

今は5,000マイルで日本国内が旅行可能ですが、以前は2倍の10,000マイル必要でしたから。上記の手数料も去年10月のルール改悪で変更されたので、全然安心できないです。

もし、必要マイル数にメスが入ったらマイル価値が暴落しちゃいます。これは避けたいなー。

まとめ

いかがでしょうか?ちなみに前回記事のメリットは下記です。

f:id:OKUSURI:20170226023503p:plain

一方で、このプログラムの弱点は柔軟性が全然なくて早めに予定を決定して予約しないといけない点です

自分は万人に受け入れられるプログラムではないなーと思っています。なので、長所と短所を考えるとやはり前回記事で挙げたように以下のような人がこのプログラムに合うのではないでしょうか。

  • 地元(実家)が飛行機圏内であり(羽田から伊丹とか福岡とか)、結婚式や帰省で定期的に帰る→定期的にマイルを使う機会があり、節約したい
  • 帰省や結婚式など早くから出発日や予定が決まる旅行が多い→予約を早めにとることができる
  • 帰省のついでにふらっと飛行機で寄り道したい→旅好きなそこのあなた!

自分は予定が比較的決まりやすい帰省や結婚式でよく使っています。(もちろん、普通の旅行でも使っています)

 

いかがだったでしょうか?なかなか面白いプログラムだとは思います笑

この記事を通して少しでもみなさんのお役に立てば幸いと思います。

もし、情報が間違えていたり不足があれば教えていただけるとありがたいです!