嫌いな中国出張はきっと好きになる

2016年4月に突如中国出張が決まった20代理系サラリーマン。2017年6月には中国20都市以上を訪問。 嫌いだった中国も今は自分のアナザースカイになりつつある。  内容は中国事情や旅行、出張関連、スポーツ、etc.

ユナイテッド航空が国内旅行や帰省にとってのベスト

自分が大好きな航空会社のひとつにアメリカの航空会社のユナイテッド航空があります。世界最大のユナイテッド航空はあまりに有名なので詳細はWikiを参照。

~引用~

2002年12月に経営破綻したが、再建後の2010年10月にコンチネンタル航空と合併し旅客キロベースで世界最大の航空会社となった。航空連合スターアライアンスの中心的存在で、約700機を保有し世界373都市に就航している。

 

本記事作成のきっかけは以下の「ユナイテッド航空は1マイルいくら?」といった記事を読んで。自分もこの記事にコメントを残したのですが、”コメント中では説明し切れなかったこと”旅行が好きな人に役に立つのでは?と思ったので記事を書くことにしました。

www.investravel.link

ユナイテッド航空は貯めたマイルを日本国内で使用する際にかなりの実力を発揮します。いくつものイケているポイントをご紹介。少しでもみなさんにユナイテッド航空の魅力だとか選択肢を広げるきっかけになればいいと思います。ボリュームが多いのでデメリットは次回に。

 

ユナイテッド航空のプログラム

ユナイテッド航空が持っているマイレージプログラムは”マイレージプラス”と呼ばれています。アライアンスはANAと同じスターアライアンスなので、日本発日本着の国内航空券はANAの路線から入手することになります。

マイレージプラスのメリット

①少ないマイルで航空券と交換できる

※以降は全て羽田空港を起点としてお話します。

超簡単に言うとマイレージプラスは、羽田からだと沖縄以外(800マイル未満の距離)だとどの地域でも5,000マイルで行けます。そう、四国でも鹿児島でも北海道でも片道5,000マイルでいくことが可能になるのです。これは本当にスゴイ

ちなみに800マイル以上の距離の地域であれば、片道8,000マイルが必要になります。片道から交換可能なのでユーザーフレンドリー!

f:id:OKUSURI:20170225114437p:plain

セーバー特典とスタンダード特典の違いはHPを参照ください。基本的にセーバー特典でないとお得でないので、自分はあまり気にしていないです。

②日系の航空会社と比べると必要マイル数が少ないのは明らか

ANAの場合必要マイル数はこんな感じ。

f:id:OKUSURI:20170225115808p:plain

どうしても5,000マイル以上はかかってしまいますし、羽田ー大阪間でもハイシーズン(H)だと7,500マイル必要になります。さらに、東京から四国や九州、北海道に行こうものなら最低でも6,000以上必要になってきます。

ちなみに東京ー沖縄はこんな感じ。

f:id:OKUSURI:20170225120136p:plain

JALも似たような感じで片道5,000マイルを割ることはありません。ただし、JALはローシーズンだと羽田ー沖縄を6000マイルでいくことが可能です。

JALマイレージバンク - JALグループ国内線特典航空券 マイル早見表

羽田ー沖縄に関してだけ言えばマイレージプラスだと8,000マイル必要なのでお得感があまりなく、時期と要相談って感じです。

③マイルの有効期限が実質無期限

マイルの有効期限は無制限と聞いていましたが、ルールが改悪したのだろうか?HPにはこのように記載されています。

通常、お貯めになったマイルは最後にご利用いただいてから18ヶ月で失効します。アカウントサマリーで、マイルの有効期限をご確認ください。

マイルを失効させないためには、期限が切れる前にさらにマイルを獲得するか、特典と引き換える必要があります。なお、獲得されたマイルがアカウントに反映されるまでに6~8週間かかる場合がありますので、ご注意ください。

1年半の間にマイルを使うなり、獲得したらOKってことですね。自分はマイレージプラスセゾンカードという、UA(ユナイテッド航空)マイルが貯まるカードを使っており月一でマイルを獲得できるので全く問題なし。

他の航空会社に見られるようにマイルの有効期限ってストレスなんですよね。特に上級会員でもない、マイルが常にめちゃくちゃあるわけでない人にとっては有効期限が長いプログラムは魅力的だと思います。

④ローシーズンとかハイシーズンの概念がない

ANAやJALではシーズンごとにマイルの必要数が変わってきます。年末年始やGWのような繁忙期と4月の閑散期では必要マイル数が異なるわけです。しかし、ユナイテッド航空は常に必要マイル数が同じです!なので、、、、以下のいいことがありますね。

  • シーズン毎に必要マイル数を計算する手間がいらない
  • 年末年始とかでも少ないマイル数で航空券を入手できる

素晴らしい!

⑤周遊チケットのような航空券がとれる

この使い方は人を選びますが個人的にかなりおススメポイントが高いです!!

~例えばこんなシチュエーション~

「羽田から大阪に結婚式でいくけど、そのために帰るのもなんだかなー。どっか北海道でも福岡でも寄って帰りたいなあ」

うん、自分は今度予定しています笑(大阪ー大分経由ー羽田、乗継時間6時間) 

 

オーバーストップではないんですけど、ユナイテッド航空は乗り継いで目的地に行くことが可能です。チケットによっては乗り継ぎ時間もかなり余裕があるので日帰り旅行くらいのチケットも予約可能です。

しかも、、、ここにかかるマイル数は乗り継ぎ分が不要で5,000マイルで寄り道が可能なんです!!ANAやJALでは基本無理なワザです。

例えば、伊丹から羽田の便を特典航空券で検索すればこんな感じで表示されます。ANA便が5,000マイルで予約可能ですね。

f:id:OKUSURI:20170225123302p:plain

んで、さらに探すと、、、こんな航空券がありました。同じ5,000マイルで福岡経由(福岡の滞在時間は8時間)の航空券が入手できます。

面白いですねー。美味い飯を食べたり、友達に会ったりするのには充分な時間ですね!

f:id:OKUSURI:20170225123917p:plain

 

簡単に言うと、羽田ー伊丹間分のマイルで北海道や九州にふらっと寄ることができます。

時間に余裕があれば1区間分のマイルで2都市を周ることができます。これって凄くないですか!?

⑥マイルを購入することができる(しかも半額セール的なのも実施している)

冒頭のTavi-Mさんの記事にも書いていますが、マイルを購入することができます。このシステムを利用することで、「あと●●マイルあれば航空券とれたのに、、、」というリスクを回避できます。

さらに魅力的なのが100% upセールというキャンペーン時は購入マイルの分がボーナスマイルとして実質半額でマイルを購入することができます。

f:id:OKUSURI:20170225124753p:plain

f:id:OKUSURI:20170225124948p:plain

自分は去年の8月に試しで約11万6,000円(当時のレートは102円くらいだったか)くらいで60,000マイルを購入してみたのですがこちらがその例となっております。

f:id:OKUSURI:20170225125133p:plain

1マイル=2.0円を下回ったので試しに購入してみたって感じです。これまでのメリットとこのキャンペーンセールを勘案すればなかなかお得だと思います。

まとめ

いかがでしたか?これだけのメリットがあるプログラムは非常に魅力的だと思います。ただし、日系航空と比較したデメリットもあるので万人に向いているプログラムだとは言い切れません。(自分の調べ不足かもしれないし)

デメリットの記事は次回に作成しますが、自分はデメリットとメリットを勘案してもこのマイレージプラスがお得だと判断しました。

ちなみに、自分が考えるに以下の人はこのプログラムに相性がいいと思います。

  • 地元が飛行機圏内であり(羽田から伊丹とか福岡とか)、結婚式や帰省で定期的に帰る→定期的にマイルを使う機会があり、節約したい
  • 帰省や結婚式など早くから出発日や予定が決まっている→予約を早めにとることができる
  • 帰省のついでにふらっと飛行機で寄り道したい→旅好きなそこのあなた!

 

この記事を読んでみなさんの選択肢が少しでも広がれば幸いです!

<おまけ>特典航空券は本人以外誰でも使用可能です。これけっこーありがたいです。

 

ユナイテッド航空(マイレージプラス)の弱点についても記事を作成しました!参考にして下さい!

www.xn--w8j321gotcvugqqd7tl.com

 

www.xn--w8j321gotcvugqqd7tl.com

www.xn--w8j321gotcvugqqd7tl.com