嫌いな中国出張はきっと好きになる

2016年4月に突如中国出張が決まった20代理系サラリーマン。2017年6月には中国20都市以上を訪問。 嫌いだった中国も今は自分のアナザースカイになりつつある。  内容は中国事情や旅行、出張関連、スポーツ、etc.

年末年始はアクセス数(PV)が減少するのか?傾向を紹介

明けましておめでとうございます。

年末年始ですが淡々と、、、本日も中国記事ではありません。中国記事でない理由は、いい加減ながらも最後に書いています。今回は前回書いた記事についてちょっと考えてみたのでメモにて。自分の記事内容と読者の反応(=PV数)について、原因を探りたいと思っています。

china-happytravel.hatenablog.jp

一つの理由に年末年始という時期自体が意外と原因になっているのかなと。完全に自分の責任を回避しようとしていますが、どんなことでもあらゆる可能性を追求するべきですからね。安易な方向に逃げいているわけではありませんよ。

PV数の傾向

12月の推移を見るとけっこう分かり易い傾向なのかなと思ったので、アクセス数と時期は関係しているのかもしれません。以下を参考に。(PV数を公開するのはいっそ気にしない)

1)はてなのアクセス解析

f:id:OKUSURI:20170101032530j:plain

2)Googleアナリティクス

f:id:OKUSURI:20170101032602j:plain

どちらも縦軸がPV数、横軸が一ヶ月のうちの日付です。年末にかけてPV数が減少しているって感じ。はてなとGoogleもPV数は違えど増減の傾向は同じすね。12月上旬はブログ初めなのでPV数が少ないですが、中旬から安定しております。しかし、12/28くらいから一気に落ちています。ここのブログカテゴリーは「アイテム紹介」、「中国記事」、「ブログに関すること」と内容をバラけさせましたが、いずれも普段と比べ少ないようです。

一つの可能性として「年末」年始が原因で下がったこと言えるのではないでしょうか。一方、この考察を支持するには年始のデータと年始後にアクセス数が元(12月中旬くらい)に戻る必要があります。なので、これから1週間ちょっと様子を見ようと思います。なので、論文風に簡単にまとめると、、、

  • 年末年始が理由でアクセス数が下がった可能性が見られた
  • ただし、年始明けにアクセス数が元に戻るかどうかを観察する必要がある
  • 記事の内容とアクセス数の相関まではまだ分からない

こんな感じ。記事の内容と読者の反応はもう少しGoogleアナリティクスで遊ぶ必要があるのかなと。

最後に

さて最後に、前回に続き自分本位の記事を書きましたが昨日こんな記事を見ました。

はい、完全に自分を肯定化&慰める記事です。

年末年始はアクセス数が下がる?ブログは書くべき? - 稼ぐフリーライターになる方法

【SEO】年末年始はスマホを触る機会が増大します - 検索サポーター

自分を納得させるために見つけた記事ですが、年末年始下がることはありえるみたいですね。うん、ありえるようです。

だから、、、どうせあんまり人にみられないなら、自分のための記事を多めに書いちゃおう〜ってのが今回書いた経緯です。