嫌いな中国出張はきっと好きになる

2016年4月に突如中国出張が決まった20代理系サラリーマン。2017年6月には中国20都市以上を訪問。 嫌いだった中国も今は自分のアナザースカイになりつつある。  内容は中国事情や旅行、出張関連、スポーツ、etc.

バッグとめるベルトは海外出張・旅行で活躍間違いなし

海外旅行でストレスになる一つが、荷物。少なくとも自分にとって荷物をたくさん持つのはすごいストレスです。そこで「バッグとめるベルト」ってのを使ってみました。

これがすごい便利でしたので、みなさんのお役に立てばと思いご紹介。

バッグとめるベルトとは

簡単にいうと荷物をスーツケースの上にとめるベルトです。それ以上でもそれ以下でもないです。見出しをつけるほどでもなかった。。。。

自分は中国行く時にお客さん用のお土産(白い恋人)とかを買うのですが、荷物が増えちゃうんですよね。

旅行だったら帰るときに荷物が増えちゃうこともありますよね。そん時に活躍してくれるアイテムです!!使い方も簡単です。

f:id:OKUSURI:20161227005018j:plain

スーツケースを引っ張っている間に、荷物が落ちるとか、肩からズリ落ちるとか嫌ですもんね。このベルトを使えばリュックでも紙袋でもどんな荷物もスーツケースに固定できます。

シンプルなアイデア商品ですよね。シンプルゆえに自分が気に入っている点も単純な3ポイントです。ちゃちゃっと説明します。

どんな荷物も固定できる

けっこう力技で固定するのでなんでもOKです。自分のバッグもこんな感じ。バッグ以外にもお土産などの紙袋とか旅行中に買ったかさばる荷物も固定することが可能です。


f:id:OKUSURI:20161227011346j:image

ベルトの持ち運びが便利

軽くて薄くて?、、ヒモみたいなベルトですからね。かさばることは皆無です。スーツケースのサイドカバーや、手持ちカバンにすぐ入れておくことが可能です。

スーツケースに付ける外すといった装着が超簡単

基本的にスーツケースの取っ手に通すだけなんですぐできちゃいます。伸縮性があり、感覚で分かるのでどんくさい自分でもすぐに使うことができました。

一方でデメリットも、、、

荷物をスーツケースに固定すると、スーツケースの上部にある取っ手を握ることができません。なぜなら、取っ手の上に荷物を縛り付けていますからね。。。。空港や新幹線の駅みたいに、エレベーターやエルカレーターが完備されていれば全く問題ないんですが、階段やデコボコ道でスーツケースを持ち上げる必要が生じる場合は少しめんどくさいです。

 まとめ

こんな感じです。不便なところもあるものの、値段も安いし、あれば便利ですし、持ってて損はしないおススメのアイテムです!!自分はこのベルトを使うことでかなり主張が楽になりました。

記事を読んだ方で旅行に使えるおすすめアイテムなど知っていればぜひコメント下さい!また、何か工夫していればぜひ教えてください!