嫌いな中国出張はきっと好きになる

2016年4月に突如中国出張が決まった20代理系サラリーマン。2017年6月には中国20都市以上を訪問。 嫌いだった中国も今は自分のアナザースカイになりつつある。  内容は中国事情や旅行、出張関連、スポーツ、etc.

中国の大気汚染・PM2.5対策に本気でマスクを調べてみた

近日中に中国に行きますが、冬期はやはり空気が汚いそうです。前回、河北省に訪問した際に喉を痛めたこともあって充分に対策を立てたいと思います。

前回記事はコチラ

china-happytravel.hatenablog.jp

いくつか考えましたが、やはりシンプルかつ有効な対策はマスクではないでしょうか。正直コチラの3Mのページを見れば、一番分かり易いんですが自分なりにまとめてみました。

PM2.5とは2.5 µm以下の物質のことで、普通のマスクでは防げません。

では、どんなマスクが有効なのか?そして普通のマスクとは?

マスクの種類

マスクは大きく分けて3種類に分類されます。

  1. 家庭用マスク
  2. 医療用マスク
  3. 産業用マスク

家庭用マスクはコンビニや薬局で買えるような一般的なマスクですね。医療用マスクはサージカルマスクと呼ばれるものらしいです。手術などの時に医師の口から唾液や雑菌などが患者の手術部位に付着しないようにしますが、ウイルスなどの「吸入」を防ぐためのものではないようです。この3種類の内、PM2.5に効果があるのが産業用マスクです。正確に言うと、産業用マスクの中の「N95マスク」「DS2マスク」と言われる防塵マスクが良いみたいです。

DS2とN95は日本が認めた規格(DS2)か米国が認めたかどうか(N95)の差で、効果は同等のようです。このどちらかを買えばいいとうことですね。

ちなみにDS1という高価なマスクもあるようですが、粒子捕集率に差があり、DS2の方が適切とのこと。

f:id:OKUSURI:20161211044713j:plain

マスクを買ってみる

マスクやフィルターと言えばアメリカの大手企業3Mさんということで早速調べてみました。アスクルAmazonなど、ネットで買うことは難しくないようです。けど見てみると、

高い、、、1枚約50円〜150円。さすが高性能マスクですね。しかも使い捨て。そして説明文やレビューを見てみると、どうやら呼吸がしにくいとのこと。PM2.5を防ぐにはマスクと顔の間に隙間をなくす必要があり、形状や装着方法に工夫が施されています。結果、付け心地はかなり苦しいみたい。

まあ色々問題はあるようですが、トライアルとして以下を購入してみました。

3M™ 使い捨て式 防じんマスク 8205-DS2

3M|被災地向け推奨保護具 製品一覧|安全衛生製品|製品とサービス

高価ですが、命には代えられません。また、フィルターがついているので呼吸が快適なようです。

 

そして届きました!!

f:id:OKUSURI:20161211044316j:plain

かっこいいですね。そして厳つい。これならPM2.5の混入と自分の命を確実に防いでくれそうです。楽しみ。

今回はマスクの規格の紹介のみです。実際の付け心地やマスクの感想については今度出張を通じて書こうかと思います。

中国出張時のPM2.5や大気汚染を気にしている方に少しでも役立てば幸いです。何か出張・旅行・在中をしている方で大気汚染に関する情報があればぜひコメントお願いします。

 

2016/12/18 マスクレビューの記事を書きました!

china-happytravel.hatenablog.jp