嫌いな中国出張はきっと好きになる

2016年4月に突如中国出張が決まった20代理系サラリーマン。2017年6月には中国20都市以上を訪問。 嫌いだった中国も今は自分のアナザースカイになりつつある。  内容は中国事情や旅行、出張関連、スポーツ、etc.

中国人はなぜ日本で爆買いするのか?物価が高いのか?

本記事では中国の意外に高い物価について書きます。ちなみに自分は海外で服を買うのが好きなので物価チェックをよくします。中国で買い物を期待している旅行者や出張者のみなさんに少しでも役立てば幸いです。

 

きっかけは爆買いから

「爆買い」、、、去年の春節から定着した言葉の一つです。中国に行くまでは中国人がなぜわざわざ日本に来て大量の商品を購入するのか分かりませんでした。だって”イメージ的”にも日本の方が絶対物価は高いでしょう。

うん、まあ実際日本の方が物価は高いです。特に食事とかホテルは中国のほうが圧倒的に安いです

では!!「なぜ中国人による爆買いが起こるのか?」

自分が実際に中国に訪問して感じたことや中国人から聞いた理由をまとめてみました。(間違っていたらごめんなさい)

中国人が爆買いする理由は”中国の物価が関係している”

上記と一転して、中国で買い物しようとするとけっこう高くつきます。何が高いかというと海外の洋服や家電です。

中国に行ってブランド物とかを安く買おう!って思っている人は注意して下さい。ガッカリしちゃいます。もちろん全ての商品が高いというわけではないです。高いのは輸入品(中国国外のもの)です。

ジャンルで言うと、服とか時計とか電子機器、化粧品とかは高い気がします。例えば、、、

  • Apple:高いすねー。あんま覚えてないけどiPhoneは日本よりも1.2倍くらい高ったような気がします。(自信ない)
  • ラコステのポロシャツ:日本だと約1.0 万〜1.3 万円くらいですかね。でも中国だと大体2 万円くらいです。高いです。仕事の合間にデパートへ意気揚々と行っても買うことはほとんどありません。
  • NIKEとかアディダスのシューズ:基本的に1 万オーバーでした。これも日本と同じか少し高いくらいでした。

その一方で国産は安い

中国産はやっぱり安いんですよね。運動靴とかも3000円くらいで買えちゃいます。ただし、中国の友人いわく品質はそこまでで穴が空いちゃうだとか。

中国での外来品の価格が高くなる理由

理由は中国の税制制度に特徴があるみたいで、海外からの輸入品はがっつり関税がかけられ他国より高くなってしまうみたいです。実際、マクドナルドとかスタバも普通市民からしたら高い値段設定になっています。(特にスタバは日本よりも高くなかったけ)

この税制制度はなんなんでしょうね。国は中国国産品を積極的に売りたいということなんでしょうか。そこらへんは分かりません。

とにかく内資か外資でお値段はけっこう差があります。

まとめ

こんな感じ。

出張者や旅行者は覚えておいて損は無い情報でしょうか。中国で高い買い物は慎重になりましょう!実は全然安くないかもしれませんよ!中国出張を通じて爆買いの秘密の一端を知ることができたのは何とも興味深いですね。

この記事を読んだ方で何か理由や高い商品とかあればぜひコメント下さい!